2018年度 埼玉県立日高特別支援学校

第1弾当選者 2018/1/31発表
埼玉県立日高特別支援学校

---------------------------------------------------------------------------

団体の活動内容:

防災委員会を中心に、校内でひまわりを栽培し、命の大切さ、災害への備えを伝えている。校内ポスターなど。
また、収穫した種を近隣の方、日高市の福祉祭り、本項の文化祭や交流行事などで取り組みの紹介とともに配布。
ひまわりの花びらを乾燥させ、本校の給食の際に使用した廃油を使ったキャンドル作成時に花びらを入れた。
災害への備えとひまわりの花びらで災害時にも希望を持って生き抜くことを伝えている。花びら同様の配布状況。
種、キャンドルに添付する際に防災委員会で作成したひまわりのポスターを使用。

配布予定数や配布機会:

配布対象: 180以上の小袋(1つにつき種を5個)を近隣、市内の小・中学生、来校者に配布。
キャンドルは80個を防災委員会の児童生徒の他、種と同様の人たちに配布(先着順)。

どんな故郷をめざしていますか:

災害の少ないところだと言われています。本校の子供達の取り組みによって防災について我が事になるよう関心を持ってもらいたいです。そして本校のようにいざという時より支援が必要になる子どもたちがいることを知って、ひまわりの種が本校に帰ってきたり、ひまわりをきっかけに本校に興味を持って繋がりを持ち、
どんな人たちも助け合えることが当たり前になってほしいです。
埼玉県でも本校の取り組みをどんどん発信し、広げて行きたいです。

 

---------------------------------------------------------------------------