動画情報

ひまわりいっぱい!えがおいっぱい!~太子町 太田小3年

第23回 太子町民芸術祭にて、太田小学校3年生(2016年度)が「ひまわりいっぱい!えがおいっぱい!」プロジェクトの主題歌を披露しました。(兵庫県太子町鵤 太子町立文化会館 あすかホール2016.10.30)

 

 町花である向日葵を、町に根付かせる挑戦をしている兵庫県太子町立太田小学校3年生の皆さんが2016年10月30日の日曜日に待望の楽曲「ひまわりいっぱい!えがおいっぱい!」が太子町立文化会館で開催された第23回太子町民芸術祭の大ホールで初めて公に披露されました。

斉唱の前に何故自分たちが、この歌を作ったのか。そして何故、町民の皆さんが参加するこの芸術祭で披露しようとしているのかを説明をしました。

全編手話を交えながら 元気に歌い上げました。

動画記録の公開許可をいただきましたので

ぜひご覧ください。

 

※「ひまわりいっぱい!えがおいっぱい!」プロジェクトについては「兵庫県太子町立太田小学校の取り組み」をご参照ください。

 

愛媛県四国中央市の取り組み

 愛媛県四国中央市では、2017年に開催される国体の前年に全国の選手や訪問される皆さんに、花いっぱいの四国中央市で迎えようと、地域が一体となって取り組んでいます。

 2016年9月1日に関川地区国体協力会の休耕田花いっぱい運動で「はるかのひまわり絆プロジェクト」のセレモニーが行われました。

三重県松阪市立第一小学校の取り組み

 第一小学校では、東日本大震災の被災地に元気を届ける、サンサンプロジェクトを繰り広げていますが、その取り組みとして、2015年11月10日、復興のシンボル「はるかのひまわり」の種を全国に送ろうと、風船飛ばしが行われました。

《第一小学校/11月10日(火)》

 第一小学校では、阪神・淡路大震災で亡くなった「はるかさん」にちなんだひまわり「はるかのひまわり」を育て、東北に元気を送ろうと、毎年、大輪の花を咲かせています。学校では、その種を地域や文化祭で配布してきましたが、より多くの人にこの運動を知ってもらおうと、今回、子どもたちの提案で、種とメッセージを添えた、風船を飛ばすことになりました。

子どもたちは、松坂城跡に移動し、風船に「震災を忘れないための種です。」「このひまわりを育ててください。」などと書いたメッセージカードを添えました。サンサンプロジェクト実行委員会のカウントダウンで、一斉に放たれた179個の風船が、青空の中に飛んでいきました。

栃木県小山市立小山第三中学校の取り組み

同校が2013年に全校生徒で取り組んだ、

はるかのひまわり絆プロジェクトの取り組みの最初から最後まで。

東日本大震災で被災した”石巻”から届いた はるかのひまわりが発端です。

 

素敵な取り組みですね。

 

もちろん その後も毎年バージョンアップしながら継続されています。 素敵な故郷にならないわけがありません!ありがとうございます。ぜひ!全国の学校での取り組みの参考にしていただきたいなぁ

(動画約15分)

BSNラジオでメンバー出演

鳥取県琴浦町ではるかのひまわり種蒔き

神戸~新潟~南三陸町へのひまわりリレー

 南三陸町の防災庁舎に咲いた、はるかのひまわり、の写真があらゆる言葉を飲み込んで心打たれます。 写真を撮られたシギー吉田さんの取材報道から

鹿児島県阿久根市折多小学校

2013年6月に全校生徒に、はるかのひまわり、を配られました。人権の花として向日葵を選定し、「咲かせよう ひまわりの花とやさしい心」という道徳教育をされています。その花に「はるかのひまわり」が加わりました。

しあわせの種コンサート(2012)

宮川彬良さん
宮川彬良さん

BSN新潟放送主催 しあわせの種コンサート「コンチェルタント」が2012年9月29日に新潟市民芸術文化会館 コンサートホールりゅーとぴあ、で開催されました。開場では種の配布も行われました。
宮川彬良 VS 新日本フィルハーモニー交響楽団

にいがたキッズプロジェクト

にいがたキッズプロジェクトのCM

 BSN新潟放送では東北震災以降様々な取り組みをされています。その過程で、はるかのひまわり絆プロジェクト、も出会いました。BSNのその理念は「BSNは幸せの種を撒きます」。BSNキッズプロジェクトや昨年から始まったこのコンサートもその一環です。益々地域へ幸せの種をまかれますように!

炊き出し&はるかのひまわりロード視察

2012年7月22-23日

 サポートチーム絆による南三陸平成の森仮設住宅の皆さんとの交流イベントを開催しました。 陸前高田 滝の里工業団地仮設住宅の有志の皆さんによる、あんかけパスタブースの運営の実現をめざし、被災地内の交流による絆の醸成を目的に、平成の森仮設住宅自治会の皆さんとの協働による交流会が実現できました。 平成の森仮設住宅の皆さんと滝の里工業団地仮設住宅の皆さんの笑顔を糧に全国の個人支援者が集い楽しい交流会が行われました。100名を超える個人支援者が全国から集まりました。 動画は関西からの参加者の動画です。 2013年度も9月7-8日に南三陸平成の森で同窓会が行われました。

2011年東北視察

気仙沼 第18共徳丸傍らに咲く
気仙沼 第18共徳丸傍らに咲く

2011.8.20-21 石巻~南三陸町~気仙沼~陸前高田 三陸ひまわりロード視察
 神戸・大阪・愛知・新潟の初めて出会うメンバーの皆さんと「三陸ひまわりロード」を視察しました。南三陸町から気仙沼に至る国道45号線に広域にわたってお声がけをされ実現に至ったその願いは心の復興。現地で発足した三陸ひまわりの会の皆さんの願いでもあります。 また、宮城県石巻市では兵庫県警灘警察署から宮城県警河北署へ届けられ、石巻の小学校で育てられた、はるかのひまわり、の咲き誇る姿にも胸打たれました。 さらに岩手県陸前高田で被災直後から地域への物資拠点として機能し、活動を続けられた陸前高田ドライビングスクールにも訪問し様子をうかがいました。東日本大震災という非常な自然の猛威から「知恵と勇気と絆」で前へ進もうとされる被災地の皆さんの想いが、私達の心に内面化した視察となりました。